Trial litigation agent
裁判訴訟代理

簡易裁判所訴訟代理

訴訟の目的の価額が140万円を超えなければ、司法書士も裁判の手続の代理を
することができます。たとえば、交通事故の加害者に損害賠償請求をしたい方や
配偶者の不倫・浮気相手に慰謝料請求をしたい方の請求したい価額が140万円を
超えなければ、そのような方に代理して裁判の手続を行います。
また、訴訟の目的の価額が140万円を超えて代理できない場合でも、
裁判所に提出する訴状等の書類を作成して、訴訟の援助を行うこともできます。

内容証明作成

内容証明とは、いつ、どのような内容の文書を、誰から誰宛に差し出されたかという
ことを、郵便局に証明してもらう制度です。
例えば、相手方に請求書や督促状を何度送っても何の連絡もないというような場合に、
もともとの約束を果たして欲しいという意思表示を手紙で行うものです。
後に裁判になる可能性がある場合には、重要な証拠となるものです。